記念品ってどんな時に贈るの?

記念品はどんな場合に贈れば良いのか?またどんなものを贈れば良いのか? - 還暦を祝う記念品も喜ばれる工夫をして贈ろう

還暦を祝う記念品も喜ばれる工夫をして贈ろう

素敵な還暦記念品としては、相手の趣味を考えて喜ばれるものを贈る必要があります。たとえば、心のこもったメッセージが入ったグッズや本人の名前が入ったお酒など、さまざまなお祝いの品が考えられます。

還暦祝いは昔からの長寿を祝うお祝いの一つである

満60歳の年齢まで長生きしたことを祝うのが還暦祝いです。もし、職場でプレゼントを贈るなら、本人の誕生日当日に手渡すのがいいでしょう。また、お祝いの飲み会などをお店で開くこともよくあります。昔と違って、今の60歳はまだまだ現役として頑張れる年齢ですので、マナーとして相手を年寄り扱いはしないようにしましょう。

還暦記念品にはメッセージ入りや名入りの品物が人気

日本人の平均寿命が延びたことで、還暦になってもまだ若いと考える人が増えてきています。相手にギフトを贈る場合は、記念となるメッセージを入れることで温かな気持ちを含んだ記念品になるでしょう。また、本人の名前が入ったお酒のボトルなども喜ばれるお祝いの品になります。似顔絵などを描いて贈るのも、素朴ですが素敵なプレゼントとなるのは間違いありません。

赤い色や「60」という数字にちなむ贈り物もおすすめ

干支が60年で元に帰るという考え方から、還暦という言葉が生まれました。そのため、赤ちゃん帰りするということで、赤い色のちゃんちゃんこや頭巾などを被るのが昔の定番でした。今でも、レッドカラーのグッズを贈ることでお祝いの気持ちを表すこともできます。赤いデジタルカメラや赤い色のマフラーなどの贈り物がそれに当たります。60歳という年齢にちなんで、6万円分の商品券や60キロ分のお米などを贈るのもおすすめです。

その他にも、カニやフグなどのグルメを贈るのも喜ばれます。満60歳を迎えた還暦の人が、これからもエネルギッシュに楽しく暮らせるように、元気の出るようなアイテムを贈るのが今風の還暦祝いです。

関連する記事

Copyright(C)2016記念品ってどんな時に贈るの?All Rights Reserved.