記念品ってどんな時に贈るの?

記念品はどんな場合に贈れば良いのか?またどんなものを贈れば良いのか? - 学校や保育園・企業などからもらえる記念品とは?

学校や保育園・企業などからもらえる記念品とは?

学校を卒業する時には、オルゴールやキーホルダーなどがもらえたり、保育園の卒園時には、マグカップやお菓子などが贈られることがあります。会社の創立記念にも、お洒落な名刺入れなどが記念品として最適でしょう。

学校を卒業する時の記念としてもらえる

卒業記念品をもらった経験のある大人は多いでしょう。大体、小学校と中学校、高校を卒業する時には、PTAなどから粗品が贈られます。専門学校の場合には、特にもらえないこともありますが、短期大学や大学であれば学校から記念の品が渡されるのが一般的です。オルゴールやタンブラー、ペン、タオル、キーホルダーなどさまざまな商品が人気を持っています。

保育園を卒園する時の記念としてもらえる

園児の卒園式の時にも、多くの場合記念品がもらえます。小さな子供が喜ぶように、マグカップや飴などのお菓子が贈られることが多いようです。たとえば、子供たちが自分で描いた自画像などがプリントされた湯のみがプレゼントされることもあります。子供が大きくなってからも、宝物として残るような工夫を考えているのでしょう。

学校や会社の創立・周年記念としてもらえる

学校や企業などの創立や周年、創業記念などにもよく記念品が作成されます。特に、サラリーマンであれば毎日ほとんどの時間を使って仕事を頑張っていますので、創立記念日などになぜこの職場で働いているのかを自問自答する機会にもなるでしょう。社員に贈られる場合、人気があるのは名刺入れやマウスパッドなどです。お店の開業や周年記念であれば、お客さんに対してお菓子やお酒などをプレゼントすることもあります。

記念品は、役に立つ物やお洒落でセンスの良い物をもらうと、とても嬉しい気持ちになるでしょう。学校の卒業時や保育園の卒園時、学校や会社などの創立や周年記念にも、素敵な品物が贈られることがあります。

関連する記事

Copyright(C)2016記念品ってどんな時に贈るの?All Rights Reserved.